福袋の価値と外国人観光客

年明けテレビをみていたら、最近の年末年始は、外国人観光客が増え、初売りの福袋の買っていくことが多い。

ということを話題にしていた。
私は、日本人で日本育ちで数十年日本で正月を過ごしてきたが、福袋の良さが子供の頃からわからなかった。

そして、いまもわからない。
なぜ中身のわからないものが、そんなにほしいのか。

福袋には、大抵価格以上のものを入れている。
としているが、それが大して欲しくないものだったら、どうするのだろうか?

外国人の観光客は、日本製品の品質とお得感を買い求めているみたいだが、みていたら、やはり期待ハズレの福袋もあるようだった。

私は、何が入っているかわからない福袋に数万のお金を払うより、自分のほしいものに数万のお金を払うほうが得だと思うが、その考えは古いのだろうか。